置き換えダイエットは朝昼晩のいつすればいいのでしょう?

置き換えダイエットをするなら、「昼」がよいと私は思っています。また、昼に実践してきました。置き換えダイエットの朝、昼、晩のメリットとデメリットをまとめておきます。

朝は、たいていの人は忙しいはず。仕事や学校に行く人にとっては、朝ゆっくり食事をする時間はないでしょう。なので、朝は、短時間で置き換えダイエットができるというメリットがあります。

しかし、朝は、寝ている間も脳が消費したブドウ糖を補う必要があります。脳にブドウ糖を補給しないと、午前中眠たくなったり、行動が鈍くなります。「朝の食事をしっかり摂りなさい!」と言われるのはこれが要因です。

朝にしっかり食事を摂ったというのが条件ですが、条件を満たしていれば昼は軽めでよいと思われます。昼に置き換えダイエットをするメリットはここにあります。キャバ嬢のエンリケさんなどは、昼にクレンズキャンプという置き換えダイエット飲料を飲んでいます。

エンリケさんは、昼にクレンズキャンプを飲んで、自宅トレーニングをして、夜にそなえているそうです。

クレンズキャンプの話にそれてしまいましたが、クレンズキャンプは、今、置き換えダイエット食品として売れている商品の中の一つです。

昼の置き換えダイエットのデメリットとしては、夕食までの時間が空きすぎるということです。そのため、途中でお腹が空きすぎて仕事などに集中できない可能性があります。それで、ついつい間食をしてしまうということが起こってしまいがちです。

ほとんどの人は、1日の中で最もカロリーを摂るのは夜だと思います。夜に置き換えをするメリットはここにあります。カロリー制限ができるので、最もダイエットに効率がよいと一番に思いつきます。

しかし、家族が楽しく食事をしている中で、自分だけダイエット食を食べているのを想像してみてください。きっと楽しくないでしょう。一人暮らしをしているならそんな心配はないと思いますが、寝るまでの間「ひもじさ」に耐えられるでしょうか。また、お腹が空いて途中で起きてしまうと思われます。これらが夜ダイエットのデメリットです。

さて、最初に言いましたように、私は昼に置き換えダイエットをしました。夕食までに空く時間の問題を解決すればいいわけです。そのために、間食として硬めのスルメなどを食べて乗り切りました。噛むことで、脳に満腹感を与えるのが目的です。

うまく間食を取り入れることで、置き換えダイエットは成功します。

あわせて読みたい